デリヘル嬢っぽくは無かったが

投稿日:2016年2月22日

20代前半とは思えない大人の色気を纏った女の子。顔は……、特別可愛いという感じではなく素朴な感じの子だった。でも纏っている雰囲気は確かなもの。落ち着いた感じで、大人しい性格だった。ただ時折見せる笑顔はとてもキュートだった。そんなアサコちゃんとイチャイチャ(一方的に)しながらシャワータイム。乳房やお尻、そして腹部に触れた時に漏れるか細い「あぁっ」という声が可愛かった。声を押し殺しているかのような喘ぎ。そんな声を出されてしまったらこっちの股間も徐々に熱を帯びて行く。飛沫を弾くようなピチピチの肌は触り心地ち抜群。不意に背を見せたアサコちゃんの後ろから抱きつく。「え? あっ、あの……」という戸惑うような声が聞こえたが、もうカッチカチのペ○スをお尻の谷間にあてがっていた。壁に手を着くように指示して、バックから乳房を揉み、もう片方でワレメを弄る。そしてお尻の谷間に挟まれたペ○スをしごいてやった。デリヘル向けの子では無かったが、そこが新鮮で楽しめた。

安いから不安もあったが

一通りアイコちゃんの身体を堪能したので、今度はアイコちゃんからの愛撫をお願い。こっちが仰向けでベッドの上に仰向けで寝ると「はい」とアイコちゃんが身体の上に乗って来た。小柄な体型なだけに軽かった。そして身体に当たる乳房の感触が心地いい。アイコちゃんに左右の乳首を舐められ、それと同時に股でアソコを挟んできた。柔肌の太ももに包まれた感触を感じ、無意識に腰が上下に動き出す。「あぁんっ、あんっ、んんっ」とアイコちゃんの可愛らしい喘ぎ声が胸に当たる。そのまま抱き合いアイコちゃんの肌の柔らかさに酔いしれながら楽しんだ。それで射精には至らなかったが、その後の彼女からのフェ○チオで難なく射精。ペ○スをやさしく握り、アイスを舐めるようにペロペロと。そうなればペ○スがギンギン。あとはぱくっと咥えられ、そのまま上下運動。口の中に含みながら舌で器用に舐められたら我慢できなかった。安いから不安もあったが、値段の割には結構楽しめたデリヘルだった。